24歳独身フリーターのビッチ体験記

皆さんおなじみ某巨大掲示板のスカイプ出会いの場で、メンヘラビッチを釣り上げたことがあります。
私は、女性経験が極端に少なく童貞だったので、早く行為をしたいという思いがありました。
童貞であると、何かと見下されたり、精神的に不利だったりするのでネットでもいいから出会おうと決断できたのです。

掲示板の女達は、基本的にはブスか年増が多かったのは誤算でした。
しかし、ある日23歳で出会いを求めているという女性がいたので捨てアドでメッセージを出しました。
ヤンキーやビッチだけは勘弁だと思っていた矢先、丁寧なメッセージを返してくれるので好印象を持ち始めました。
写メ交換も果たすと、双方が会ってみたいという話になり、池袋で落ち合いました。

メールや写真の印象と違い、ゴスロリ風の格好と前髪がパッツンだったので、もしかしたらメンヘラなのではという疑問が一瞬頭を過りましたが、折角の出会いを棒に振る事はできません。
話を聞いていくうちに、やけに性的な話題をしてくる傾向があることに気がつきました。
この時点でビッチ臭はあったのですが、性欲には勝てずにどうにか付き合いたいという方向で話をすすめました。
意外とスムーズに付き合えることになり、週末がメインでしたが遊びに出かけるようになりました。
精神安定剤などを飲んでいた時期があるそうで、メンヘラビッチというダブル役満を引いてしまったかも、という感が出始めました。
はっきり言って、その時点で逃げ出していればダメージは少なかったでしょう。

ビッチだと正式に判明したのは、私のようにネットを通じて知り合った男性が私を含めて5人いるという事がLINEから判明した時です。
言葉を選んで質問してみると、それらを普通のように肯定し、以降は更にビッチ化していきました。
その女は、ネットを通じて出会う人全てに性交渉を持ちかけるようになり、完全にビッチ化していて、さすがにやばいなと思ったのです。
別れようと言っても、定期的に性欲やご飯・服を提供してくれるパトロンは欲しいらしく、3ヶ月は電話・メール・LINE攻撃に悩まされました。
この一件以降、女性は実際に会ってから充分な期間を置いてから、仲良くなっていこうという精神で生きています。